参考書 学習法

【大学受験英語】長文速読用の音読におすすめ 参考書・教材4選

 

英語長文の音読学習をしたいが、どんな教材を選べばいいのか分からない。

今回はこんな悩みを解説します。

 

この記事の内容

  • 音読用教材の選び方
  • おすすめの参考書4選
  • 参考書の進め方使用例

 

多読用・音読用・読み方解説用など、英語長文だけでも参考書は様々な種類があります。

 

中には自分の得たい能力に合わせて使わないと、全く成果にならないことも…

 

今回は多々ある教材の中でも、英語学習の初~中盤で効果を発揮する、音読学習に適したものを紹介していきます。

 

この記事を読んでいただければ、どの教材にどんな特徴があるか、そして自分がどれを使うべきなのかがわかると思いますよ。

 

受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。

 

 

参考書選びの注意点

 

まず、科目や単元に限らない参考書を選ぶときの注意点ですが、分に合う書籍というのは自分自身でしか判断できません。

 

その人が使うべきものというは

・現状のレベル

・目標のレベル

・残り時間(1日の使用時間、期限までの期間)

・執筆者の解説手法(先生との相性)

・本の構成や説明手法(書籍の特徴との相性)

 

などによって、大きく変わります。

そのため人が絶賛している本でも、人によっては相性が最悪なこともあります。

 

ネットや知り合いからの情報も一旦吸収すべきですが、あくまで使うかどうかは自分で判断する。これが参考書選びの鉄則です。

 

 

音読学習での到達点

 

もう1つ音読用教材を選ぶときの注意ですが、相性がよいのは共通テストレベル(昔のセンター試験レベル)までと考えてください。

 

それ以上の英文でも声に出すことは重要ですが、難度が上がるにつれて学習の中心は精読・設問対策に移っていき、音読は復習で行う1つの練習法となります。

 

練習であえて共通テスト以上のものを使うのは、効率が悪くなることが多いです。

 

まずは、単語・文法・音読の力で共通テスト8割突破を目指しましょう。

 

 

音読学習に適した参考書とは 5条件

 

「音読なんて英文があればできるのでは?」と思うかもしれませんが、下のような補助ツールが入っていると、より効果的な学習ができます。

 

教材選びのときには、参考にしてみてください。

 

 

①本文を構文解析したページがある

 

音読をするときには、英語全文が理解できることは前提です。

 

そのため、SVOCが振られていたり、句・節に記号を付けた構文解析があると、音読前の準備が非常に楽になります。

 

もちろん、1文に対してウンウン唸ることも大事ですが、それは精読練習になりますから、違う教材で行いましょう。

 

 

②語句リストがある

 

これも準備段階の話ですが、単語の意味調べの時間を極力減らしたいため、あると暗記も学習もはかどります。

 

リストがあったとしても、語彙レベルの高い文章は音読で苦労しますので、分からない単語が1パラグラフに2.3語程度のものを基準としてください。

 

 

③スラッシュリーディング用の英文がある

 

音読初心者には一番大事かもしれません。

 

返り読みをできるだけ避けて、前から訳し下しをする練習では一番活用します。

 

スラッシュごとの日本語訳がついていると、よりやりやすいです。

 

慣れれば無くても十分できますが、最初の1冊はできるだけ掲載されたものを使いましょう。

 

 

④英語白文+日本語訳が見開きである

 

本文には問題用の設問や空欄が入っているため、少し見づらいことがあります。

 

本文と別で、何も記述のない白文と日本語訳があると一番やりやすいです。

 

更にこれが別冊になっていると、本編を持たずとも音読トレーニングができますね。

 

 

⑤音源が付いている

 

CD・ダウンロードなど取得方法は違っても、音源が手に入らない音読用教材はないはずです。

 

使う場面は多々ありますので、基本準備するようにしましょう。

 

 

おすすめ教材シリーズ 4選

 

それでは、おすすめ教材をシリーズ単位で紹介していきます。

 

 

①『英語長文 ハイパートレーニング』シリーズ

 

基本情報

著者:安河内哲也

問数:全12問

音源:CD付き

他 :上の5条件を満たす唯一の存在

 

レベル

超基礎編(赤)→高校入門

標準編(緑) →共通テスト~

難関編(紫) →上位私大

 

内容詳細

音読の練習に必要なツールを全て詰め込んだような問題集です。

 

全文を構文解析してある「徹底精読」と「語句リスト」があるため、独学でも疑問が残ることはほぼありません。

 

さらに

・スラッシュリーディング+日本語訳

・問題ページとは別の白文

 

もプラスで用意されているため、音読学習も非常にやりやすいです。

 

確かに難易度にブレが合ったり、長文としての解説は薄い面はありますが、音読用教材としてならば完璧な構成だと正直思います。

 

あまり音読学習に慣れていない人は、超基礎編から試してみてほしいですね。

 

注意点

・2020年に新課程版で「新々装版」として出版されていますが、中身は過去のものと変わっていません。

 

・標準編は、共通テストを超えている問題もややあります。3レベル構成で全てを抑えようとしているので、レベル設定にはやや無理があります。

 

・難関編は「志望校レベルの精読・長文演習をしている人が、音読訓練を取り入れたいときの復習用」という感じです。標準編までをこなしておけば大丈夫でしょう。

 

 

②『速読英単語・英熟語』シリーズ

 

基本情報

著者:風早寛

問数:約48~70問(書によって異なる)

音源:CD別売

他 :量で圧倒する昔からの定番書

 

レベル

入門編(赤)→高校入門~ 56問

標準編(青)→共通テスト 70問

上級編(緑)→上位私大~ 48問

熟語編(橙)→共通テスト 60問

 

内容詳細

名前は単語帳ですが、「語句解説がやたら詳しい速読用の教材」と言った方がいいでしょう。

 

単語帳サイズにも関わらず、50問を超える問題収録が大きな特徴です。標準編はなんと70問。

 

その分速読用のツールは、メインが見開きの日本語訳と単語の2つで少ないですが、音読演習に慣れているならば、むしろこれくらいでも丁度よいでしょう。

 

英文が難易度順に並んでいるのも他のシリーズに案外ない配慮であり、モチベーション維持にありがたいです。

 

また熟語帳を1冊やる時間がない人にとって、『速読英熟語』は音読+熟語のダブル練習材料になるため、非常に重宝しています。

 

注意点

・昔からの難点が、CDが3000円弱で別売なところです。それでも本腰を入れてやるならば、絶対セットで買っておくべきですね。

 

・語彙数は多くても250語程度です。長文対策は別と考えるべきでしょう。

 

・入門編は解説の薄さ、上級編は語彙の難しさから扱いがやや難しいです。音読用としては、標準編か熟語編を中心に考えてください。

 

 

③『英語長文 レベル別問題集』シリーズ

 

基本情報

著者:安河内哲也・大岩秀樹

問数:全12問(難関編のみ10問)

音源:CD付き(アプリでダウンロードも可)

他 :ハイパーシリーズのスマート版

 

レベル

・①超基礎編(赤)→中学レベル

②基礎編(黄) →高校入門

③標準編(緑) →共通テスト弱

④中級編(青) →共通テスト

⑤上級編(紫) →上位私大

・⑥難関編(茶) →難関私大

 

内容詳細

またも安河内先生の本ですが、ハイパートレーニング』シリーズのレベルを細かく分けて、解説をやや簡素にしたイメージです。1冊の値段も1000円切ります。

 

簡素と言っても構文解析や語句リスト、見開きの日本語訳などはあり、十分音読トレーニングに適しています。

 

6段階に分かれているので、冊子ごと・問題ごとのレベル差が少なく、自分の実力に合わせやすいのも特徴の1つです。

 

おすすめとしては「②と③」や「③と④」など、2レベル分を一気に終わらすのがいいと思います。

 

注意点

・①は簡単すぎ・⑥は難しすぎという点で、速読練習にはあまり向きません。一旦は④までこなしておけば十分でしょう。

 

・冊子に書いてある到達レベルは、やや上すぎと感じます。ハイパーシリーズと比較すると

レベル①<レベル②≦ハイパー基礎≦レベル③<レベル④≦ハイパー標準≦レベル⑤

という感覚です。

 

 

④『イチから鍛える英語長文』シリーズ

 

基本情報

著者:内川貴司・武藤一也

問数:全15問(700のみ14問)

音源:CD付き

他 :最近定番になった新参者

 

レベル

・Basic(赤)→高校入門~

・300(青)→共通テスト~

・500(緑)→~上位私大

・700(紫)→~上位私大

※レベルではなく語数で分けているため、掲載の英文レベルはかなり差があります。

 

内容詳細

速読用の音読ツールだけではなく、設問対策など長文読解練習も兼ね備えている問題集です。

 

設問もレベルが上がると、記述問題などの骨が折れるものも出てきます。

 

音読用の教材としては珍しく、解答根拠などの解説も充実しており、長文対策へとスムーズに繋げられるのが大きな特徴です。

 

注意点

・レベル順でないのが使いづらいという意見もあります。これは実践を意識した配慮だと思いますが、相性は人それぞれでしょう。

 

・構文解析は、全ての文にあるわけではありません。複雑な文にのみ掲載されています。

 

 

参考書おすすめ使用例

 

最後に紹介した書籍を、どのような順番で練習すべきか例を示しておきます。

 

 

安河内メソッド中心編

①英語長文ハイパートレーニング 超基礎編

②英語長文レベル別問題集 標準編

③英語長文レベル別問題集 中級編

④英語長文ハイパートレーニング 標準編

 

スタートラインは人によって変わると思いますが、ハイパートレーニング標準編までしっかりこなせれば、速読は相当自信がつくはずです。

 

 

速読英単語シリーズ中心編

①英語長文ハイパートレーニング 超基礎編

②速読英単語 標準編or速読英熟語

 

速読シリーズだけでもいいのですが、音読訓練を今までやっていないのであれば、1冊挟みたいところです。やはり①は初めの1冊としておすすめですね。

 

イチから鍛えるシリーズ中心編

①イチから鍛える英語長文300

②イチから鍛える英語長文500(700)

 

この書籍のコンセプトが気に入れば、このシリーズだけでもいいと思います。難易度順ではないので、レベルの高い問題は後に回してもいいかもしれません。

 

 

まとめ:まずは1冊目に集中

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

最後にこの記事のまとめです。

 

音読学習に適した参考書 5条件

①本文を構文解析したページがある

②語句リストがある

③スラッシュリーディング用の英文がある

④白文と日本語訳が見開きである

⑤音源が付いている

 

音読用おすすめ参考書4選

『英語長文ハイパートレーニング』シリーズ

『速読英単語・英熟語』シリーズ

『英語長文レベル別問題集』シリーズ

『イチから鍛える』シリーズ

 

どれも自信を持っておすすめできますし、何回も音読を繰り返すことで力がつくことは保証します。

 

まずは1ヵ月、今日から毎日30分音読をキーワードに頑張ってみてください。

 

【スタディサプリ】動画授業で苦手を克服

 

【大学受験】英語の勉強方法・学習法 完全ロードマップ

大学受験にむけた英語の勉強法があやふやなので、最初から最後までどう勉強すべきか全体像を知りたい。 今回はこんな悩みを解決します。   この記事の内容 大学受験英語の全体像 英語学習法のまとめ ...

続きを見る

 

【大学受験】英語長文を速読する方法を具体的に解説します

  ・試験で制限時間以内に読み終わった試しがない。 ・速読と言われても、どう勉強するのか分からない。   今回はこんな悩みを解決します。   この記事の内容 速読とはどの ...

続きを見る

 

【大学受験】英語速読力強化 音読学習の具体的なやり方

    音読が重要とは聞くけど、そもそも効果があるの? 具体的にどのように取り組めばいいの? 今回は悩みを解決します。   この記事の内容 音読の具体的な効果 4選 音読 ...

続きを見る

 

-参考書, 学習法

Copyright© hizumi blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.