学習法

【大学受験】英語学習の年間計画 誰でも5分で立てられる方法

・英語の学習計画が立てられない

・どのように勉強するのか分からない

今回はこんな悩みを解決します。

 

この記事の内容

  • 長期的学習計画の立て方
  • 各時期で行う勉強内容

 

勉強がうまくいく人・いかない人の違いは多々ありますが、そのうちの1つが効果的な学習計画を立てているかどうかです。

 

計画には年間・月間・1日など様々ありますが、中でも長期的な計画は全体の柱となるため最も重要です。

 

今回は、英語における長期的な学習計画の立て方について解説します。

 

この記事を読んでいただければ、どんな人・どんな時期でも、英語の学習計画が立てられるようになりますよ。

 

受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。

 

英語の年間計画を立てる方法

具体的な方法ですが、理解して計画するだけなら5分もかかりません。

 

・残り期間を4で割る

・それぞれでやることを明確にする

 

この2つだけです。

 

 

①残り期間を4分割する

 

まず12月をゴールとして、残り期間を4で割ってください。

 

参考

試験の中心は2月からですが、1,2月は直前準備で学習時間が取りづらいため、計画は一旦12月までとしています。

 

日にちまで正確に割る必要はありません。ざっくり月・週まで分かれば大丈夫です。

 

例を出すと以下の通りです。

 

高3の5月(残り8ヶ月)なら

1期:5〜6月 2期;7〜8月 

3期:9〜10月 4期:11〜12月

 

高2の1月(残り1年)なら

1期:1〜3月 2期:4〜6月 

3期:7〜9月 4期:10〜12月

 

高2の8月(残り1年半)なら

1期:8〜11月 2期;12〜3月 

3期:4〜7月 4期:8〜12月

 

人により変わりますが、1期あたりでどの程度時間があるか分かったでしょうか。

 

 

②1〜4期でやることを明確にする

 

効率的な学習順序を考えると、それぞれの期でやることはほぼ決まっています。

 

  • 1期:単語・文法 中心ターム
  • 2期:英文解釈 中心ターム
  • 3期:長文読解 中心ターム
  • 4期:志望校対策 中心ターム

 

ここまで読んで「なるほど!」と思えるなら、もう実際の勉強に入っても大丈夫です。

 

ここからは、期ごとの学習内容や注意点を詳しくお伝えしていきます。

 

 

1期:単語・文法中心ターム

単語と文法は並行する

 

英語の勉強で「何から始めるか」を考えたとき、まず思いつくのは英単語でしょう。

 

もちろん間違っていないのですが、単語だけではどうしても単調な学習になってしまいます。

 

特に英語が苦手な人にとっては苦痛な作業が多いので、理解中心の文法も並行した方が逆に進めやすいと思います。

 

参考

並行して共倒れにならないかという声も聞きますが、2つまでなら大丈夫でしょう。

ただ3つ以上の内容の並行は厳しくなるので、できる限り避けましょう。

 

それぞれの詳しい学習方法を知りたいという方は、こちらの記事(英単語編英文法編にまとめてあるので是非読んでください。

 

合わせて読みたい
【大学受験英語】英単語の覚え方まとめ・誰でもできる勉強法とは

  ・英単語が全然頭に入ってこない… ・単語帳を見ると、すぐ眠気に襲われる…   今回はこんな悩みを解決します。   この記事の内容 なぜ英単語が苦手なのか 覚えられない ...

続きを見る

合わせて読みたい
【大学受験英語】英文法の総まとめ なぜ文法は重要なのか

  ・英文法って丸暗記のイメージしかない。これからやろうと思っただけで憂鬱… 今回は悩みを解決します。   文法こそ、日本人が英語ができない最大の原因だ!とも言われる今日この頃。 ...

続きを見る

 

 

サブ:後半で音読訓練を

 

単語・文法が身についてくると、英文を読む体力が出来上がってきます。

 

そこで1期の後半に余裕があれば、無理のないレベルで音読・速読訓練も始めたいです。

 

「読める」という感覚が増えてくると、英語に対するモチベーションも上がってくるはずです。

 

音読・速読の詳しい学習法はこちら

合わせて読みたい
【大学受験】英語長文を速読する方法を具体的に解説します

  ・試験で制限時間以内に読み終わった試しがない。 ・速読と言われても、どう勉強するのか分からない。   今回はこんな悩みを解決します。   この記事の内容 速読とはどの ...

続きを見る

 

 

2期:英文解釈中心ターム

最も重要な英文解釈

 

英語学習の最重要項目は、この英文解釈です。

 

今までの単語・文法の知識を使い、時間をかければどんな英文でも訳せる力を身に付けます。

 

この能力をどこまで伸ばせるかで、英語力はほぼ決まってきます。

 

私大で言うと、面白い具合に

・中堅私大レベルの英文

・Gマーチレベルの英文

・早慶上智レベルの英文

と分かれていますね。

 

英文解釈の詳しい学習法はこちら

 

 

サブ:文法演習を並行する

 

1期の時間で、文法の演習までできる人は少ないはずです。

 

そこでこの期間に、問題集を使ってアウトプット学習も進めておきたいです。

 

解釈の練習をしていると単語・文法の知識漏れが見つかるので、その穴埋めも兼ねてやっていきましょう。

 

参考

この時期の知識漏れは、あまり気にする必要はありません。

むしろ「ここで発見できて良かった」と前向きに捉え、1つ1つ潰していきましょう。

 

 

3期:長文読解中心ターム

入試の中心、長文読解へ

 

今までの力が揃うことで、やっと長文練習ができるようになります。

 

もちろん、精読・速読ができるからと言って、いきなり長文が読めるわけではありません。

 

「論理展開・筆者の主張を掴む・各設問の対処」など、学ばないといけない長文読解の技法が多々あります。

 

英語は言葉であり、文章には筆者が伝えたい思いがあります。

 

ここからは、現代文のような「文章の流れを掴む・論理的に読む」などの姿勢も重要になっていきますね。

 

参考

現代文と長文読解力には、間違いなく相関関係があります。

特に文系の人は3期に入る前に、現代文の基礎事項までは終わらせておいてください。

 

 

サブ:全ての穴を埋める

 

志望校対策に入るまでに、今まで学習した中の漏れは全て埋める意識を持ってください。

 

例えばですが

・関係詞の解釈が甘い

・覚えづらい単語が潰せない

・音読をさぼってしまった

とか甘いことはもう言ってられません。

 

今まで習ったことに不必要なことはないですから、全てを網羅的に確認し、足りないものをその都度埋めていきましょう。

 

 

4期:志望校対策中心ターム

過去問演習の開始

 

いよいよ最終タームです。

今までの力を総動員して、志望校の問題にガンガン挑戦していきます。

 

各大学の英文は難解であると同時に、レベル・長さ・設問などに大きな癖があり、単純な英語力があるだけでは対応はできません。

 

参考

極端な例ですが、東大の対策をしている人に京大の問題を解かせても、特徴が大きく異なるため点数はあまり取れないものです。

 

本番で自分の力を100%発揮するためにも、過去問を通して対策と試験慣れを作っていきます。

 

 

長文読解以外の対策

 

もちろん入試では、長文読解以外も出題されるでしょう。

 

ざっと上げるだけでも

・実践的文法問題(正誤/整序問題など)

・英文和訳、要約などの日本語記述

・和文英訳、英作文などの英語記述

小論文レベルの記述

リスニング

・面接、スピーキング

などがあり、各大学によって構成も様々です。

 

これらについても、当然対策をしていきます。

特に英文記述とリスニングの2つは、長文読解の学習ルートではあまり触れないため、やる・やらないで大きな差になります。

 

苦手だと感じる場合は、早めに対策に入れるよう計画してください。

 

 

まとめ

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

長期的な計画方法は、理解して立てるのはそこまで難しくありません。

 

むしろこれを実行に移していく、月間・週間・1日の計画の方が大変だと思います。

 

いつまでも長期計画を眺めていても仕方ないですから、全体像が把握できたらどんどんと学習を始めていきましょう。

 

【スタディサプリ】動画授業で苦手を克服

-学習法

Copyright© hizumi blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.