プログラミング

【徹底比較】テックキャンプの短期集中と夜間休日コース どちらがおすすめ?

TECH CAMPには短期集中スタイルと夜間休日スタイルがありますが、どちらの方がいいんですか?特徴も含めて知りたいです。

今回はこんな疑問にお答えします。

 

この記事の内容

  • おすすめのスタイルは?
  • 短期・夜間の特徴
  • 短期・夜間のデメリット

 

 

簡単な自己紹介

この記事を書いている私は実際にTECH CAMPに通い、未経験からプログラミングを学習しました。現在は副業の案件獲得を目標に、学習を進めています!

 

 

TECH CAMPのメインコースである「エンジニア転職」には

・短期集中スタイル

・夜間・休日スタイル

という2つの学習方法があり、学習内容やサービスはほとんど同じなのですが、学習の仕方が大きく異なります。

 

 

体験談

自分のライフスタイルに合った方を選ばず、カリキュラム終了ができなかったという人の話も聞いたことがあります。

 

今回はこの2つのスタイルの特徴・メリット・デメリットなどを詳しくお伝えします。

 

この記事を読んでいただければ、自分がどちらを選べばいいのか明確になりますよ。

 

約6分(3,700文字)で読み終わりますので、最後までお付き合いいただければと思います。

 

 

8月16日まで限定!】無料カウンセリングに参加で、今なら受講料30,000円OFF!申込はこちらから。


 

 

テックキャンプの短期・夜間の選択

 

 

 

「TECH CAMP エンジニア転職」では、入学する際に「短期集中スタイル・夜間休日スタイル」のどちらかを選択をします。

 

料金・学習環境はかなり違いますし、入学後の変更はできないため、事前にそれぞれの特徴はしっかり掴んでおきましょう。

 

参考

申込の割合は、7:3で短期集中スタイルで申込する人の方が多いようです。

 

 

エンジニア転職コースの詳しい内容は、こちらの記事にまとめていますので合わせてご覧ください。

テックキャンプ エンジニア転職(旧エキスパート)の評判は?体験談を語ります

IT業界への転職を考えて「テックキャンプ エンジニア転職」が気になっているけれど、費用も高いし成果が出るのか不安です。 今回はこんな悩みを解決します。   この記事の内容 エンジニア転職の4 ...

続きを見る

 

 

おすすめは短期集中スタイル

 

先に自分のおすすめを紹介してしまうと、それは「短期集中スタイル」です。

大きな理由の1つが料金です。

 

【一括の場合(税抜)】

短期:648,000円

夜間:848,000円

 

教材は全く同じなのですがスタイルで20万円の差があり、夜間は税込で100万近くかかります。

 

また、プログラミング学習自体が短期で行うのに適しており、6ヶ月時間をかけて学習するよりも効果的だと感じました。

 

参考

ただこのスタイルでは仕事・学業と両立は不可能ですので、自身のライフサイクルと相談が必要になりますね。

 

それではそれぞれの特徴やデメリットについて、詳しく解説していきます。

 

 

短期集中スタイルの特徴

 

基本情報

学習期間:10週間

教室利用時間:平日10〜22時

質問可能時間:毎日10〜22時

転職サポート:あり(転職保証付)

 

 

10週間完結のカリキュラム

 

1番の特徴は、たった10週間でプロレベルのエンジニアスキルを習得できるということです。

 

このスタイルでは仕事を辞めている方がほとんどだと思うので、なるべく早めに仕事先が決まるに越したことはありません。

 

600時間という洗練されたカリキュラムで、一気に自分の能力を引き上げることができます。

 

 

週60時間の密度の濃い学習

 

単純計算で、週間60時間・1日10時間という密度の濃い学習になります。

【1~2週:基礎学習】

・HTML/CSS、Rubyの学習

・Ruby on Railsのアプリ開発

【3~6週:開発・応用】

・JavaScript、Sass/Hamlの学習

・SQL、Git、APIの学習

・AWSでのサーバー構築

【7~10週:最終課題・転職活動】

・チーム開発、最終課題提出

・転職活動支援

 

上記が基本的なカリキュラム進捗となりますが、HTMLという一番基礎から、エンジニアに必要な知識を漏れなくマスターできます。

 

 

週5日教室に通う強制空間

 

TECH CAMPでは、教室に通って学習することをどのコースでも強く推奨しています。

 

短期集中スタイルでは平日の10〜22時は、基本教室で学習することになります。

 

もはや学校以上の強制空間ですが、これを自分で作り出すのはとても難しいですよね。

 

こういった強制環境がすでに用意されているのも魅力の1つです。 

 

 

夜間・休日スタイルの特徴

 

基本情報

学習期間:6ヶ月

教室利用時間:平日19〜22時

       休日11〜22時

質問可能時間:毎日11〜22時

転職サポート:あり(転職保証付)

 

 

仕事を続けながら学習できる

 

最大の特徴は、仕事や学業を続けながら転職・就職の準備ができるという点です。

 

・急に仕事を辞めることは難しい

・生活もあるので働きながらやりたい

・大学の授業後にしか学習できない

 

という人でも、現状の生活を大きく崩すことなく学習が可能です。

 

 

夜間と週2日は教室利用可能

 

短期の受講生との混雑を避けるため、教室は平日の19時からしか利用ができません。

 

ただ逆に言うと、仕事以外の時間は全て教室が使え、毎日通うこともできます(短期では土日の教室利用ができないという制限があります)。

 

仕事後の時間は疲れもありモチベーションが上げづらいので、教室に通う習慣を付ければかなり効率が上がるでしょう。

 

 

22時までオンライン質問可

 

夜間でも週25時間ほどは学習が必須で、仕事がある日も2時間程度は勉強が求められます。

 

非常に大変ですが仮に教室に通えなかったとしても、毎日22時まではオンライン上で質問が可能です。

 

メンターの方は

「何とか理解してもらおう」

「絶対に途中で挫折させない」

と本当に親身に対応してくれます。

 

オンラインであってもその姿勢は全く変わらないので、どんどん活用しましょう。

 


 

「TECH CAMP エンジニア転職」は、オンライン完結で学習することも可能です。

 

この場合も2つのスタイルのどちらかを選択することにはなります。

 

興味のある方はこちらをお読みください。

 

 

 

短期集中スタイルのデメリット

 

続いて、それぞれのスタイルのデメリットもお伝えします。

まずは短期集中についてです。

 

 

仕事や学業との両立は厳しい

 

はっきり言って仕事との両立は無理です。むしろ、どちらも中途半端になってしまう可能性が高いです。

 

この10週間に限って言えば、プログラミング学習の優先順位がダントツ1位になるよう、ライフスタイルを調整してから臨んでください。

 

 

平日はほとんど学習となる

 

特徴で伝えた通り、平日の10〜22時はほぼプログラミング学習に当てることになります。

 

週60時間を達成するためには、1日たりとも休まないという覚悟が必要です。

 

一人であれば自分の問題でどうにでもなりますが、ご家族がいる場合には生活について相談が必要になってくるでしょう。

 

 

カリキュラム進捗がかなり速い

 

10週間で600時間というカリキュラム上、学習の進捗は当然かなり速いです。

 

エンジニア転職の学習は、決められた期間で終わらせることが要件となっています。

 

仮に達成できなかった場合、学習期間の延長で料金がかかる場合もありますので、注意が必要です。

 

 

夜間・休日スタイルのデメリット

 

続いて夜間・休日スタイルのデメリットです。

 

 

学習の優先順位が一番にならない

 

仕事や学業と並行してやると、どうしても学習の優先順位は下がってしまいます。

 

繁忙期や月末と被ると、学習時間が全く取れないということもあるかもしれません。

 

短期集中に比べて環境整備は甘いので、時間を作り出す意志と学習の習慣化がより重要となります。

 

 

料金がかなり高額

 

一番初めにもお伝えしましたが、料金は短期集中スタイル・他スクールの内容と比べても料金は高額になります。

 

それに見合う学習環境・転職実績があるとは考えていますが、費用の面で折り合いがつかなくならないよう注意してください。

 

 

最短でも6ヶ月が必要

 

初めは学習一本に集中すべきですが、転職までに6ヶ月かかるというのは正直やや長めです。

 

勤めている仕事も半年間で大きな変化があるかもしれないですし、学習もなかなか成果が出ず不安になることも多くあります。

 

もちろんそれをサポートするメンター・ライフコーチの存在は大きいですが、こちらを選んだからには短期的に成果を求めすぎない姿勢が必要です。

 

 

それぞれのスタイルに合う人

今までの話をまとめて、それぞれのスタイルにどのような人が合っているのかをまとめました。

 

短期集中スタイルに合う人

 

  • 早く転職を決めたい人
  • 現在仕事をしていない人
  • 強い強制環境でやりたい人
  • 週60時間を捻出できる人

 

 

夜間・休日スタイルの合う人

 

  • 仕事・学業と両立したい人
  • 時間をかけて学習したい人
  • 週25時間を捻出できる人
  • 半年間学習の継続ができる人

 

 

無料カウンセリングで相談を

ここまで色々と話をしてきて、どちらの方が相性が良いかはある程度イメージが沸いたと思います。

 

ただ、いざやろうと思っても

「週60時間なんて本当にできるの」

「モチベーションが続くか不安」

「経験ゼロから転職までいけるの」

など、いろいろな不安・疑問があると思います。

 

現在TECH CAMPでは「プログラミング学習を検討している・詳しい話をもっと聞きたい」という方に、オンラインでの無料カウンセリングを毎日実施しています。

 

体験談

学習内容・コースについて、プログラミング・仕事について、費用の件など、自分が疑問に思っていることは全て聞くことができました。無理な勧誘もなく、逆にプログラミングやコースに対する理解を深められましたね。

 

迷っている方は話を聞くだけでも価値があると思うので、是非参加してみてください。

 

今ならカウンセリング参加で受講料10,000円OFF!申込はこちらから。

未経験から最短でエンジニア転職を目指す
 

 

【総集編】テックキャンプの評判・情報を全てまとめました<関連記事一覧>

  プログラミングスクールのTECH CAMPが気になっているけど、実際の評判はどうなのですか?いろんな情報を知りたいです。 今回はこんな疑問にお答えします。   この記事の内容 ...

続きを見る

 

 

-プログラミング

Copyright© hizumi blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.