学習法

知ってほしい 日本人が英語が得意ではない根本的な原因

 

ずっと英語の勉強はしているけど全然できるようにならない…

スムーズに会話している人を見るとすごいなと感じる…

仕事で英語が必要になって絶望…

 

などなど、日本人にとって英語に関する悩みはつきないと思います。

 

私自身も中高生の頃は、英語の取り組み方に悩まされてきました。

今回は、なぜ日本人が英語を苦手にするのかについて、根本的な原因をお話しようと思います。



 

 

日本人が英語を得意としない3つの原因

日本人の英語力は世界と比較して低いとされています。

EFによる英語能力指数ランキング(https://www.efjapan.co.jp/epi/%E3%80%80/)では、世界100か国中53位で、能力レベルも「低い」となっており、近年はこのランキングで減少傾向にもあります。

 

私が考えるに、その理由は大きく3つあると思います。

①日本人がそもそも英語を必要としていない

②日本語自体が他の言語と離れすぎている

③正しい学習法が浸透していない

 

順番にお話しします。

 

①日本人が生きるために英語を必要としていないから

皆さんが日本で生活をしていて、困ったことに度々出くわすと思います。

ただその中で「英語ができなくて死ぬほど困った!」ということは、ほとんどないでしょう。

 

日本は母国語で教育ができる国

皆さんは中学、そして進学するなら高校・大学と「(当然ながら)日本語を使って勉強」をしてきたと思います。しかしこれが当たり前ではない国・言語はたくさんあります。

 

以前テレビを見ていてなるほどと思ったのは、

母国語には、光合成とか経済とかの言葉はなかった。他の言語で学ぶしかなかった。

というフィリピンの方の言葉です。

 

確かにこのような単語の概念がなければ、中学レベルの理科社会の学習はもちろん、大学教育なんてもっての外です。

英語が無いと学ぶことができない、知識を得て人生を豊かにすることができない。

 

良くも悪くも、日本人はそもそも人生をかけてまで英語を習得する必要がない、というのが1つ目の理由です。

 

②日本語が他の言語と比べて大きく違う

2つ目は言語としての違いです。

ヨーロッパの言語は、歴史や地域によって多くの共通点があります。一例をあげると以下の通り。

・ゲルマン語派:英語、ドイツ語、オランダ語など

・ラテン語派:フランス語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語など

 

また地域が違っていても、ヨーロッパは地続きのため発音や文法が似通っていることが多く、他言語の修得はそこまで難しくないそうです。

 

一方の日本語はと言うと、このような言語とは似ても似つかない存在です。

唯一の親戚ともいえる、漢字の発症である中国も発音や文法は全く異なり、言葉として大きく異なりますよね。

 

やっぱり文法の違いは大きい

 

何がそんな違うのか。一番にあがるのが、日本語には存在しない英文法の違いでしょう。

三単現のS、Theの感覚、時制の表現、動詞の変形、後置修飾…

学生時代に苦しめられたものが多いと思いますが、中でも一番の違いは「語順」だと思います。

 

英語は語順の言語

高校英語で初めに習う「5文型」は、多くの人が知っていると思います。

3つ目に当たる「SVO」(※S=主語、V=述語、O=目的語)で説明をすると以下の通りです。

 

【英語の場合】

S   V     O

I study English.

 

【日本語の場合】

S       O            V

私は 英語を 勉強しています。

 

英語と日本語では、このようにVOの関係が逆になります。

そのため、頭の中で日本語で考えた文章を、全く違う語順で発信しないといけないことになります。

 

このように考えると、そりゃ難しいに決まっていますよね笑

 

③正しい学習法が浸透していないから

1,2番目は文化の違いですが、最後は方法論についてです。

ネットや本屋で英語の学習法について調べると、ビジネス色の文言が多すぎると感じます。

大きくわけると以下の2種類です。

 

やればできる!という精神論を押したもの

英語に毎日触れよう!

どんどん英語を使ってみよう!

英語を好きになってみよう(?)

もちろん大事なことなのですが、これだけでは流石に…

 

楽にマスターしよう!という効率的学習を押したもの

「1週間で英語が話せるようになる」

「24時間で高校英語を復習する」

「haveだけで会話はできるようになる(?)」

きっかけとしてはいいと思いますが、これが本当なら誰も苦労しませんよね…

 

2015年段階で、語学ビジネスは約8200億円の市場規模となっており、非常に大きなマーケットです。

そのため、英語自体が学ぶためのものからビジネスのためのツールになっていると感じます。

 

第二言語習得には、本来莫大な時間と労力を必要とします。

日本人が英語を習得するには、約2000時間が必要と言われており、1日2時間欠かさずやったとしても、3年程かかる計算です。

甘い言葉に流されることなく、年単位で継続と反復をする覚悟が必要です。

 

まとめ:正しい努力を継続すること

 

今回は、日本人が英語を苦手とする根本的な原因について3つお話しました。

自分ではどうしようもない外的要因を紹介したので「じゃあできないのは仕方ないのか」と思うかもしれません。

しかし逆に言えば、ある程度使えるようになったときの優位性は計り知れません。

時間と労力はかかりますが、正しい方法で努力を継続すれば、英語は必ずできるようになります。

是非覚悟を持って取り組んでほしいと思います!



-学習法

Copyright© hizumi blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.